ひまわりギフトの実質的な換金率はいくら?他業者と比べてどう?


ひまわりギフトは換金率の目安が不明?

クレジットカードの現金化を行う業者のひとつに、ひまわりギフトがあります。この業者は、詐欺行為等とは無縁ですので、その意味では安心して利用できますが、ひとつ困ったことがあるのです。それは、ひまわりギフトはホームページに換金率表を掲載していないということですね。つまり、いま手元にあるカードを現金化に使った際、いったいどのくらいのお金を手に入れられるのか、その目安がわからないということです。

カード現金化は、たとえば10万円を受け取ろうと思ったら、それ以上の額の買い物をしなければなりません。一度購入したものを中古店に売却するのと同じ原理ですから、多少は損をしてしまうんですね。5000円で買ったゲームを中古店に売っても2、3000円にしかならないのと同じことです。

多くの業者は、その換金率の目安を明かしていますが、ひまわりギフトにはそれがないため、たとえば10万円の現金を受け取ろうと思ったとき、どのくらいの買い物をすればいいのかが分からず、特にカード現金化をはじめて使う人にとっては不安は大きいと言えるでしょう。実際には、電話をかけて、カードの種類を伝えれば教えてもらえるんですけれども、一度電話をかけると、断りにくくなってしまうという方もいるかもしれません。

換金率は他の会社と一緒?


しかし、この換金率については、ひまわりギフトも他の業者とほとんど同じと思われますので、あまり気にすることはないですね。カード現金化を行った際、受け取れる額というのは、買い物を行った額の60~70%程度です。10万円の買い物をして、6、7万円受け取れるという計算ですね。これはその会社がホームページに80%とか90%とかいった換金率を載せていても変わりません。そのパーセンテージは手数料等の差し引きを加味していない数値ですから、実際にはもっと低くなってしまうんですね(ひまわりギフト 換金率)。

そういう意味では、換金率が実際のところどれほどのものなのか、わからないのは他の業者も同じと言えるでしょう。ひまわりギフトも、換金率はどのカードでも60%から70%になると見てよいと思います。

ただ、この業者のホームページを見てみると、リピーターは結構いるようで、そうすると他業者に比べ、換金率の平均は高いのかもしれません。とりあえずは電話をかけてみて、換金率を訊ねてみるのがよいでしょう。また、このような目安表を記載していない業者は、他社よりも換金率が低かった場合に、換金率の上乗せ交渉に応じてくれる可能性があります。他の会社に相談してみて、そのあとにひまわりギフトに電話をするというのが、いちばん賢い使い方かもしれません。