電話占いって一体なんなのでしょうか。電話占いっていう名前にとても関心をもっている人たちも多くいます。しかし、やっぱり実際にはまだまだ不安という人たちも多いようです。みなさんも、電話占いってどのようなものを言うのは、もうちょっとインターネットなど利用してチェックしてみましょうよ。電話占いによって幸せになったという人たちも多くの声をきっと聞くことができます。

電話占い・当たると検索

最近、電話占い・当たるでインターネット検索する人たちの数が急増しているようです。当然、電話占いというものが何かということを理解してその電話占いは当たるか当たらないかということに関心をもっているようです。占いというものは、私達人間と切っても切れないものなのです。

占いなんかに頼らないで、自分で判断をして道を進めというという言い方も決して間違いではないと思うのです。しかし、古来より、右か左か判断できないときもあったのは事実であり、そのようなとき、自分で判断するというよりも神様のちからを借りるのが良いというケースだってあると思います。実際に、昔の人たちは、政治も占いが採用されていたことがあるのです。

占いは、占い師任せにするということではなくて、神様に委ねると解釈しましょう。何がなんでも占い師に任せろと言っている訳ではありません。時として、占い師と親密な関係を持ち、我々は、神様と無関係ではないという認識を日頃持つことも必要ではないかと言いたいのです。私は宗教と無関係という人たちもいます。それもそれで良いのですが、そうだとしても、我々は、無宗教なのに、祈ることもあり、お金が神様だという人たちもおり、決してリアルな人間の判断で自立しているとは思うことが出来ないときがあります。

占いってそもそも何か……

占いってそもそもなんなのでしょうか。占いは私達人間にとって必要なものなのでしょうか。誓約(うけい)というのも、古代の占いや賭事のようなものです。しかし、漢字は、誓約であり、誓いのような意味もここに込められているようです。古来、アマテラスとスサノオの神生み勝負の時、お互いが産む神の性別をあらかじめ宣言します。そして、外れたら負けです。

または、タカギの神が行ったと言われている「御子に邪心があれば胸を射よ」と宣言をして、矢を投げ返した時、矢は野心を持った御子を見事に射殺したのです。更に、二ギギの妻であるコノハナサクヤヒメが行ったと言われている、炎の中での出産のケース、もし神(二ギギ)の子であれば無事に生まれるでしょうと宣言し、自ら産屋に火を放ったのです。そして二ギギの子は、炎の中で無事に誕生したと伝えられています。

このような方法って、私達の日常生活にも密着していて、天気を占いするために靴を投げるというケースも同じようなものです。「せいやく」と書いて、「うけい」と呼びます。「せいやく」と「うらない」とはちょっと違うのでは……と言う人たちもいるかもしれません。しかし、占いが、誓いであるから、現代社会にも有効的と言えるのです。まず、判断を迷っている自分がいます。そのようなとき、どちらの道へ進んで行こうという決心は、神様と無関係で自立しているという人だって、神様のような存在に声をかけているのです。自分ではない何ものかに、道を教えてもらい、それは、絶対に正しい道とはいうことができないかもしれません。

しかし、そのとき神様のような存在に問いただし、この道をしっかり進んで行こうという誓い・自覚が誕生しているのです。その道は、100%確実ということはありません。しかし、誓いをたて襟元を正し、事態を受け入れることになります。そのとき、不運が結果待っていたとしても、私達は、後悔などなくスッキリした気分で過ごすことができます。それを私達の本来の「運命」と呼ぶのではないでしょうか。

最新の電話占いサイトをまとめました!【電話占い無料なら.com