格安simがいいという人たちが、実際にまだまだ格安simとdocomo、auの回線との違いが判らないというケースが多いようです。実際に、格安simを使用するということは、docomo回線を利用したり、au回線を利用したりすることを言います。

格安simの提供会社について考える

simカード 使い方
格安simという場合、圧倒的に多いのは、docomo回線を使用しているsimカードです。au回線のMVNOは、実際にそれ程多いということではありません。なぜ、このようなサービスに違いが出て来てしまうのかといえば、使っている電波の種類にも関係があり、MVNOの接続料にも問題があると言われています。

使っている電波の種類というお話しをすれば、 auの場合、 CDMA2000というという、実際に、世界でもあまり使用されている例の少ない、通販規格を採用しているため、今、人気のあるsimフリースマートフォンの場合でも、なかなか対応出来る端末が少ないとも言います。LTEエリアの拡大とVoLTE通話を急いでしまったため、このよう結果になってしまったのかもしれません。 接続料金という問題に触れれば、MVNOがスタートした頃より、docomoの接続料金は、auよりも、SoftBankよりも全然格安だったのです。

実際に、auと比較すれば、docomoを利用すれば、半分近い価格で済ますことが出来ます。みなさんが想像している以上、問題はそれ程難しくなく、現在格安simで、docomoが圧倒的に多い理由を想像していただくことが出来るはずです。通信エリアという場合、インターネットや通話の可能な場所のことを意味してますが、両方の格安simで快適に利用が可能です。それぞれの回線は、docomo・auの通信網に準じているから、エリアは同じものを使用することが出来ます。

docomo・auの様々な比較 通信速度は……

いろいろ比較すれば、通信速度という問題では、いろいろな違いが出て来ます。回線間の問題だけでなく、 回線の卸契約内容や通信設備の違いも、MVNOによって違いがあるようです。そのような意味で、現在、おすすめ格安simは、au回線を使用している、「UQmobile」や「mineo(マイネオ)」と言いたいのです。ただし、「FREETEL(フリーテル)」や「楽天モバイル」など、docomo系のMVNOも通信速度も、最近ではなかなか評判と言われています。

通信速度という場合、回線別で見るというよりも、 サービス個別で比較するのがベストな方法ではあるかもしれません。 テザリングとはどのような意味なのでしょうか。テザリングとは、スマートフォンをWi-Fiルーターのように使い通信を共有できる機能のことを言います。テザリングの問題に関しても、格安スマホの回線によって利用可否が分かれて来ます。まずは、端末が周波数とテザリング機能に対応していることが前提となります。

ここで、注意をしていただきたいのは、docomoスマホ×docomo格安simという方法はNGであり、 simフリースマホ×docomo格安simはOKです。auスマホ×au格安simもOKですし、 simフリースマホ×au格安simもOKです。docomoスマホ×docomo格安simがテザリングNGの理由は、 端末のAPN設定において、強制切り替えが起こってしまうからです。私達はこのような組み合わせに対してもかなり注意をしなければなりません。

iPhoneという場合、Apple社のiPhoneに関してはau回線を利用した格安SIMだと利用できない場合があるようです。mineo(Aプラン)とUQ mobileでは、使用が出来ないようなので、注意をしてください。OSのバージョンによっては通話やインターネットがつかえなくなることもあるようですので、相性という面から考えると、iPhoneの場合、docomoの回線の方が使用しやすいのかもしれません。 au回線の、マイネオ(Aプラン)やUQ mobileでは、データ専用のプランにSMS基本料金が付属しているのですが、 docomo系の、simカードには、 +150円程度で基本料金を追加する形をとっているので違いがあります(格安sim iphone)。

VoLTE対応力は……

VoLTE対応
更に、いろいろな問題を追求して行きたいと思いますが、LTE回線での高品質の通話が可能なVoLTE機能です。実際にVoLTE機能は、回線種別を問わずどちらでも使用は出来るようです。ただし、端末の対応は必須です。回線別の恩恵で考えるとau回線の場合は、音声通話の方式が違うせいで、通話とネットが同時に行えなかったということもあるようです。au・MVNOではVoLTE対応のsimカードを発行していますし、ドコモ系も基本は対応しています。

使用出来るスマートフォンには、どのような違いがあるのでしょうか。もともと、みなさんがキャリアで利用していたスマートフォンをそのまま、MVNOのsimカードと一緒に使用することが出来ます。実際に、simフリースマートフォンは、docomo回線に対応したものが多いようです。だから、いろいろ選択することが出来ます。両方の回線を提供するマルチキャリアのMVNOも最近では登場しました。